スポンサーリンク



冷え性の改善に効果的なお風呂の入り方と温度とは?

冷え性の改善に効果的なお風呂の入り方と温度とは?

シャワーだけの入浴は身体を温めない


忙しいときはシャワーだけで済ませてしまいがちですが、シャワーだけでは身体がしっかり温まりません。
また寒い日にはシャワーの温度を高めにしてしまうので、お肌の表面の皮脂を必要以上に奪ってしまいます。
ゆっくりお風呂に浸かって身体を芯から温めましょう。
できれば20分くらい湯船に浸かることが理想的ですが、時間のない日は5分入るだけでも血の巡りが良くなります。

冷え性の改善に効果的なお風呂の入り方


春から夏は39℃、秋から冬は40℃くらいのお湯に20分くらい肩までゆっくり浸かる全身浴がおすすめ。
血液の循環を促され、副交感神経が活性化されて気分もリラックスします。
お風呂の中で足の静脈を下から上へさするように優しくマッサージしてあげると、血液の淀みを解消しむくみや冷えを防ぐことができます。

お風呂入り方.jpg

夜は就寝1時間〜1時間半前にお風呂に入ることで、身体が温まって血管が広がると、入浴後に体温が下がる → 眠気を感じる、というように眠りの波に乗りやすくなり、快眠に誘われます。
良質な睡眠は身体の疲れをとり細胞を活性化させるので、疲れにくい身体、冷えにくい身体をつくることができます。

身体が温まる効果のある入浴剤を入れるのもおすすめです。
身体の芯から温まり湯冷めしにくくなります。
冷え性に効くだけでなく、疲れや肌荒れを解消してくれる、温泉に近い効果のある入浴剤も発売されています。

入浴後も仕事や作業をしたいときは熱めのお風呂に入る


お風呂の温度は1℃上がるだけで体感が大きく変わります。
入浴後も仕事や作業をしたいときや、朝お風呂に入るときは、5分くらい熱めのお湯に浸かると交感神経が活性化され、気分がシャキッとして能率アップにつながります。お湯の温度は春から夏は40℃、秋から冬は41℃に設定するとよいでしょう。

スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。