スポンサーリンク



足首が冷えて痛いときの原因と対策法

足首が冷えて痛いときはまずお腹を温める


冷え性が悪化すると足首に痛みを感じることがあります。
この場合は足だけでなく下半身の冷えの症状が進んでいるものと考えられます。
一番の原因はお腹の冷えにあることが多いため、まずお腹(下腹部)を温めるとよいでしょう。

お腹を温めるのには腹巻きの着用をおすすめします。汗をかきやすい夏場は吸湿性の良いシルクの腹巻きがおすすめです。またシルクは肌触りも優しいので皮膚の弱い方でも安心して身につけられます。
冬はウールの腹巻きが保温性がありよいのですが、毛玉ができやすい、厚みがあって服を着たときに目立ちやすいという欠点があります。

特に寒い日や、冷房の強い室内などでは、カイロを腹巻きの外側に貼りましょう。おへその下あたりと、その真裏に位置する腰の部分に2箇所貼りつけるとよいです。

なるべくレッグウォーマーを履くようにする


レッグウォーマーを着用すると足全体が温まります。
室内ではもちろん、外出時もズボンの下に履くことをおすすめします。スカートの場合は見えてしまうので難しいですが、足の隠れるロングスカートならよいかもしれません。
夜就寝時も冷えるようでしたら足を締めつけないゆったりめのレッグウォーマーを履いて眠るようにするとよいでしょう。

足首が冷えて痛い.jpg

*足首の痛みがひどいときや、慢性化してしまって治らないときは、病院へ行って相談してみて下さい。
整形外科や内科で異常が見られない場合は、ホルモンのバランスが崩れていることも考えられますので、甲状腺科か内分泌科へ行ってみるとよいでしょう。

なお、漢方では、四物湯(しもつとう)が冷え性によく効くとされています。これはホルモンのバランスを整え、血液の循環を促し、身体を温める作用があります。
ただし漢方薬は個人の体質によって効き方が異なり、副作用があることもありますので、使用前に医師に相談してみましょう。


スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。