スポンサーリンク



冷え性で眠れないときの対処法−足が冷えて寝付けない場合

冷え性で眠れないときの対処法−足が冷えて寝付けない場合

寝る前にお風呂に入って身体を温めよう


私たちの身体は夜眠るときに体温が下がります。
眠る直前の子どもや動物の足の裏を触ってみると、温かいのがわかります。
これは手足から熱を放出することで身体の中の熱を逃がしているため。やがて体温が下がると眠りの波がおとずれます。
冷え性で手足が冷たいまま布団に入ると、熱が体内にとどまってしまって放出することができず、スムーズに体温を下げることができません。

快適な眠りの波に乗るためには、まず就寝の1時間〜1時間半前くらいにゆっくりお風呂に入りましょう。
38℃から40℃のぬるめのお湯に15分から20分ほど浸かると身体が芯から温まります。40℃を超えると交感神経が刺激され、逆に体が目覚めて活性化してしまいます。お風呂の中では足の指をマッサージしてあげると血行がよくなり湯冷めしにくくなります。

布団を温めてから中に入る


お風呂に入っている間に、布団を布団乾燥機か、電気毛布、湯たんぽなどで温めておきましょう。
布団乾燥機を使用すると布団がふんわりと内側からよく温まるのでおすすめですが、電気をたくさん使うので節電のためなら電気毛布や湯たんぽがよいかもしれません。
シーツの上に毛布か、ボアシーツを敷くと熱が逃げにくくなります。

お風呂から上がったら簡単なストレッチを行うと身体がリラックスします。
冷え性の人は入浴後もすぐに足先が冷えてしまうことが多いので、すぐに靴下を履いておきましょう。そして湯冷めしないうちに布団の中に入るようにしましょう。

冷え性で眠れない.jpg

靴下は脱いでから眠ろう!


ただし眠るときは靴下を脱ぐようにします。靴下を履いたまま寝ると、自分の力で発熱して体温をうまく逃がすことができません。また靴下の締め付けにより圧迫されることから、血のめぐりが悪くなってかえって冷え性を悪化させてしまいます。
足先が冷えるときは、ふくらはぎを覆うレッグウォーマーを履くと下半身を温かく保ってくれます。ふくらはぎが温まると、足先まで温かい血液が流れて温まります。レッグウォーマーは足を締めつけないゆったりしたものを選びましょう。

スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。