スポンサーリンク



骨盤のゆがみを矯正するストレッチ−体操で歪みを治そう

骨盤のゆがみを矯正するストレッチ−体操で歪みを治そう

普段の生活で癖になっている姿勢や寝相に偏りがあると、骨盤の形は徐々にずれていってしまいます。そのため普段から姿勢に気をつけるようにしましょう。
すでに骨盤がゆがんでしまっている場合は、矯正するためにストレッチやエクササイズを行ってみましょう。すぐに正常な位置に戻るわけではありませんので、簡単にできる体操を毎日の習慣にして、気長に行っていくことが大切です。

ストレッチを行う前にまず骨盤をゆるめると効果的


よく腰を曲げて農作業などをしている人が、上半身を持ち上げたときに腰の後ろをトントンと叩いていますね。
この動作は骨盤をゆるめるのに効果的です。長い間同じ姿勢をとっていた場合は、骨盤をトントンと叩いてリラックスさせてあげましょう。骨盤をゆるめるとストレッチや体操で矯正しやすくなります。

骨盤を矯正するストレッチ


◎前屈と上体そらし
ラジオ体操の中に前屈と上体そらしがありますが、同じ要領で大丈夫です。
ただし左右のバランスに気をつけて、骨盤を意識してゆっくり行いましょう。息を深く吐きながら前屈、次に息を吸いこみながら上体をそらしていきましょう。血のめぐりがよくなり、気分もすっきりします。

◎腰を回す
足を肩幅に開いた上体でまっすぐに立ちます。両手は軽く腰に当てておきます。頭と足が動かないように気をつけながら、腰だけをぐるぐる回してみましょう。右回しを10回したら、同じように左回しを10回行います。腰痛や生理痛があるときにも効果的ですが、痛みを感じるときは無理しないでください。

◎腰をひねる
下図のように座ります。右手を後ろにつき、息を吐きながらゆっくり右回りに腰をひねって後ろを振り返って下さい。息を吸いながら元の姿勢に戻ります。次に足の組み方を変えて、左手を後ろについて、息を吐きながらゆっくり左回りに腰をひねります。腰がひねりずらい方があれば、そちら側が歪んでいる可能性が高いので、そちら側を重点的に行いましょう。

骨盤のゆがみ矯正ストレッチ.jpg

スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。