スポンサーリンク



冷えが原因の肩こりの解消法とストレッチ

冷えが原因の肩こりの解消法とストレッチ

肩こりの原因は


つらい肩こりの主な原因となるのは、筋肉の緊張です。
首と肩の筋肉は、頭を一日中支え続けているため、常に緊張している状態にあります。長時間のデスクワークなどで同じ姿勢をとっていると、筋肉が疲れてしまい、疲労物質が溜まってかちかちになります。そのため血管を圧迫して血行が悪くなり、こりが生じてしまうのです。

身体の冷えもまた肩こりの原因となります。冷えがあると血行が悪くなってしまうので、筋肉に必要な栄養素が送り届けられずに、筋肉が疲労してしまい、老廃物が溜まってこりやすくなってしまいます。
男性に比べて女性に肩こりが多いのは、女性の方が筋肉量が少なく冷えやすいため。

さらに、ストレスも肩こりと深い関係があります。ストレスがかかると交感神経が刺激されて血管が収縮するため、血行が悪くなり、肩こりの症状を引き起こしやすくなります。


肩こり

肩こりを解消するには


・冷えを解消して温める

肩こりを解消するには、まず硬くなった筋肉を温めて、こりをほぐしてあげましょう。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かる全身浴をするのがおすすめです。お風呂の中で首から肩にかけてやさしくさするようにマッサージをするとより効果的です。

・正しい姿勢を心がける


猫背の姿勢や、前かがみの姿勢は、首から肩にかけての筋肉に大きな負担をかけるため、肩がこりやすくなります。背筋をまっすぐ伸ばし、首や肩の力を抜いて、リラックスする姿勢をとるようにしましょう。

・ストレスをためない

ストレスは肩こりの大きな原因になります。
仕事や勉強など、あまりがんばりすぎてストレスをためないことも、肩こりの予防になります。好きな音楽を聴いたり、好きなアロマオイルを焚いて香りをかいだりと、日頃から自分に合ったリラックス法を見つけておくと良いですね。
お風呂に入ると温め効果に加えてリラックス効果も得られるのでおすすめです。


・ストレッチをする


長時間のデスクワークや、前かがみでの作業が続くときは、ときどき休憩を入れて、肩と首のストレッチをして筋肉をほぐしましょう。

冷えが原因の肩こりにおすすめ!ストレッチ


身体の冷えが原因の肩こりにおすすめのストレッチをご紹介します。
筋肉をほぐして血流を促し、冷えと肩こりの症状を改善します。
お風呂上がりの身体が温まってリラックスしている状態で行うとより効果的です。

ストレッチ1


@足を肩幅に開きます。
A腕を背中に回して両手を組み、息を吐きながら上半身をゆっくり下に倒します。
肩甲骨を背中で引き寄せるようなイメージで。
B上体を倒した姿勢のまま、30秒間ほど静止します。
Cゆっくり息を吸いながら上体を元に戻します。




ストレッチ2


@右膝を曲げて座り、左足を後ろへ伸ばします。
A両腕を背中にまわして図のように両手を組み、左肘に左足のつま先をひっかけます。
B背中の筋肉を意識しながら30秒〜1分間ほど静止します。
*呼吸を止めないように、ゆっくりと息を吸って吐きましょう。
C腕をほどいてゆっくり姿勢を戻し、今度は左膝を曲げて座り、反対側も同じように行います。


ストレッチ3

@足をまっすぐ後ろへ伸ばし、うつぶせの姿勢になります。
A両手で床を押すようにして、ゆっくり息を吸いながら上体を持ち上げ、背中を反らします。
 *腕の力でなく、背中の筋肉で上体を持ち上げるイメージで行います。
Bそのままゆっくりと呼吸をしながら、30秒〜1分間ほど静止します。
Cゆっくり息を吐きながらうつぶせの姿勢に戻ります。

スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。