スポンサーリンク



冷え性対策におすすめ!湯たんぽの効果的な使い方

冷え性対策におすすめ!湯たんぽの効果的な使い方

冷え性対策に湯たんぽがおすすめ


昔から使われてきた湯たんぽは、冷え性対策におすすめです。
湯たんぽの良いところは、ゆっくり・じっくり身体を温めてくれることにあります。

ヒーターや、電気ストーブ、電気毛布などを使うと、急激に温度が上昇するため、身体が温度変化に驚いてしまいます。そのため、体温の調節が狂ってしまい、身体の芯が冷えているのに頭がのぼせたりといった「冷えのぼせ」になったり、あるいは暑すぎて汗をかき、逆にその後冷えてしまう、ということになってしまいます。

その点、湯たんぽはゆっくり・じんわりと温めてくれるため、身体の負担になりません。
お値段も安いですし、場所もとらず、空気も汚さないので、ぜひ生活に取り入れてみていただきたい優れた温めグッズです。

湯たんぽ



冷え性のための湯たんぽの使い方


オフィスワークなどで身体を動かさないので血行が悪くなり、冷えてしまうという人は、膝の上に湯たんぽを置くと、足の血行がだいぶ改善されて温まります。

また、つま先が特に冷えてしまうという末端冷え性の場合は、足をのせることのできるタイプの湯たんぽを使うと、足裏がじんわりと温まり、足先の冷えが改善されて楽になります。

夜寝る時は、あらかじめ湯たんぽをお布団の中に入れて温めておきましょう。
布団に横になったら、まずお腹に湯たんぽをのせて、じゅうぶん温まってから、足の付け根、太ももへと、下半身に移動させていきます。
臓器や血管の集まっているお腹・腰まわりを温めることで、全身の血行が良くなるので、冷えがちな手足の先へも血液が行き渡るようになります。

そのまま身体が温まり、気持ちよく寝入ることができるならそれで良いですし、なお足先が冷えているという場合は、最後に湯たんぽを足元へ移動させて温めましょう。
湯たんぽで身体を温めて、眠ったあとは身体の自然な体温の調整機能に任せることが理想的です。
エアコンや電気毛布をつけっぱなしにしていると、暑すぎて汗をかいて夜中に起きてしまったり、空気が乾燥して気管支を痛めてしまうため注意が必要です。


湯たんぽの使い方

スポンサーリンク



▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。