スポンサーリンク



足がむくむ原因は?むくみと冷えの関係と解消法

長時間の立ち仕事やデスクワークは足のむくみと冷えに注意!


足の冷えを感じるのとともに、足がむくんでしまう場合があります。
特に一日中立ち仕事をされている方は足のむくみに注意が必要です。常にふくらはぎの筋肉が緊張しているため、筋肉が硬くなって血管を圧迫し、血液の流れが停滞してたまってしまいます。そしてむくみの症状や、足の疲れ、だるさなどの不快感が引き起こされます。

血液の流れが停滞してしまうと、スムーズに心臓へ送り返されないので、体内の血液の循環がうまくいかなくなり、むくみとともに足・そして身体も冷えてしまうことになります。

足のむくみ立ち仕事.jpg

足のむくみを放置しておくと、悪化して下肢静脈瘤ができてしまう可能性があります。下肢静脈瘤とは血管が膨張して瘤のようになってしまう症状で、強い痛みを伴い、歩行が困難になる場合もあります。また皮膚炎を併発することも多く、黒ずんでしまったり湿疹ができてしまったりするので、外から目立つようになってしまいます。

むくみはよくあるものと軽く考えずに、日頃から対策をとっていきましょう。
むくみ対策のサプリメントを摂取するのもおすすめです。

また一日中デスクワークをしている場合も足がむくみやすいです。座っていればふくらはぎの筋肉は疲れないように思われますが、実は長時間座っていることにより、太ももの後ろ側にずっと体重がかかり、圧迫されてしまうために血行が悪くなって、下肢がむくんでしまいます。

デスクワークをする際は、お尻や太ももの筋肉に負担をかけないように、椅子に柔らかいクッションを敷いたり、なるべくこまめに立ち上がったりして血行をよくするように心がけましょう。


足に合わない靴を履いていると、足がむくんで冷えやすくなる


足に合わない靴を履いていることも足がむくむ一つの大きな要因です。
足のむくみは特に女性に多い症状ですが、ヒール靴、パンプスなどかかとの細い靴を履いていると、歩くときに足の裏が安定せず、ふらついてしまいます。そのためふくらはぎの筋肉が歩行のバランスをとろうとして、筋肉に余計な負担がかかり、緊張して硬くなるため血管を圧迫し、むくみの原因となってしまいます。

足のむくみ.jpg

夕方になると足がむくんで靴がきつくなると言われます。これは夕方になると足の筋肉の疲労が起こり、むくみが出やすいためです。朝からずっと歩行の不安定な靴を履き続けていると、著しく筋肉を疲れさせてしまいます。そのためむくみの症状の現れ方もひどくなってしまいます。


さらに不安定な歩き方をすると腰に負担がかかり、腰痛の原因ともなります。
身体のバランスがとれているということはとても大切なことで、バランスが失われると、自律神経の乱れにもつながります。むくみや冷えだけでなく、うつになりやすくなったり、イライラしたり、心の状態にも影響します。仕事の都合などでフォーマルな靴を履かなければいけない事情もありますが、なるべく自分の足に合った安定して歩ける靴を選んで履くようにしましょう。


スポンサーリンク





▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。