スポンサーリンク



生理痛がひどいのは冷えに原因がある−痛みを和らげるには

生理痛の原因


生理痛の原因となるのが、プロスタグランジンというホルモン。
子宮の内側では排卵の際に妊娠にそなえて卵子をまもるために、内膜が増えて厚くなります。そして妊娠に至らなかった場合、この内膜がはがれ落ちて卵子とともに体の外へ排出されます。この子宮内膜をはがす作用を促すのが、プロスタグランジンというホルモンです。

子宮内膜がはがれ落ちる際には、子宮全体が収縮し、この大仕事を行います。そのためひどい腹痛が起きたり、個人差はありますが、吐き気を感じたり、下痢になったり、頭痛やめまいを感じたりします。
冷えと生理痛.jpg

生理痛を和らげるには、冷え対策を


生理痛があまりにもひどい場合、このプロスタグランジンが過剰につくられすぎていることが考えられます。プロスタグランジンが分泌されると、血液に運ばれて子宮に届けられます。体の冷えにより血液の流れが悪くなっていると、このホルモンが子宮にとどまりなかなか出て行かないことになります。すると子宮の収縮活動が促され、必要以上に繰り返されることにより、激痛の原因となります。

ただでさえ生理時は出血により貧血になりやすいものです。貧血は血液が薄くなった状態で、貧血になると身体のエネルギーを燃焼させる能力が低下してしまい、冷えの原因となります。そのためますます痛みがひどくなる、という悪循環になってしまいます。
生理の際はもちろん、普段から冷えの対策をとり、特に子宮のあるお腹まわりを温めるようにしましょう。

生理痛がひどいときはサプリメントを摂ろう


痛みがひどいときは身体を温めつつ、痛みに効くサプリメントを摂ることをおすすめします。
薬は対症療法なので、一時的に痛みをしのぐことはできても、身体の中から痛みの原因を取り除くことにはなりません。またいつも薬に頼ってしまうと身体が薬に慣れてしまい、どんどん効きにくくなってしまいます。副作用も心配ですね。

ホルモンのバランスを整え、代謝力をアップすることにより、身体の中から痛みの原因を改善し、同時に冷えにくい身体を目指していきましょう。

脂肪を摂り過ぎないように気をつける


食事で脂肪分を多く摂りすぎてしまうと、エネルギーとして消費できなかった分が身体に溜まっていきます。プロスタグランジンは脂肪を原料にしてつくられるため、過剰に増えてしまい、生理時の痛みを激化することになります。身体の中に溜まりすぎた脂肪は冷えの原因ともなりますので、クリームたっぷりのケーキや菓子パンなどを頻繁に食べることは控えた方がよいでしょう。

コレステロール値を調整して、血液をきれいにしてくれる、魚やナッツ類などに含まれる良質な脂肪を摂るようにすることをおすすめします。



スポンサーリンク





▲ページの先頭へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。